ニキビケアTOP > ニキビ薬

ニキビ薬を使えば使うほどニキビが出来やすくなるので控えた方が良い

ニキビができてしまうとニキビの治療薬を塗って治すという人がとてもたくさんいます。

確かにニキビの炎症を抑えたりするような対処療法的としては薬を塗るのは一見効果があるように見えます。

しかしながら、ニキビができてしまうということは、たまたま出来てしまったのではなくてニキビができてしまう原因がお肌にあるということです。

そのためにニキビというのは一度できて、二度とできないいうものではなく、何度でも繰り返してきてしまうという人が多いと思います。

ですから、出来てしまったニキビを薬で叩いても根本的には解決にならないのです。

また、ニキビ薬にもよりますが基本的に殺菌・抗菌作用のある成分をお肌に塗りますので、お肌のバリア機能を破壊する副作用がどうしてもあります。つまりよりニキビが出来やすいお肌に導いてしまうわけです。

これでは意味があるニキビケアとは言えませんから、本質的にはニキビができないようなお肌を作っていくことが大切ということになります。

ニキビができないお肌を作るためには?

ニキビができないような肌を作るためにはスキンケアが重要な役割となりますが、どういうスキンケアを選べば良いのか分からない場合が多いことでしょう。

基本的にはニキビの原因によって最適なニキビケアは変わりますし、肌質によっても最適なニキビケア用品は変わります。

ニキビの予防のためには甘草エキスなどのニキビ予防&抗炎症作用のある成分が入った医薬部外品のスキンケアでお肌をケアしてあげましょう。 ニキビができやすいお肌というのは年齢やライフスタイルなどにもよって違っていますが、お肌が乾燥していて、毛穴が開いていたり、皮脂のコントロールがしっかりとできなかったりすることがほとんど原因となっています。 毎日のスキンケアをしていく中でそういった原因を取り除いてあげなければ何度でもニキビが繰り返してできてしまうし、にきびの跡が残ってしまってメイクをしても隠れずにとても困るようなことになってしまいますから、医薬部外品を使ってお肌をしっかりと整えてあげることが大切なんです。 通常のお肌に比べると皮脂の分泌量が多かったり乾燥していたりと安定していない状態が多いので、しっかりと毎日のケアでニキビができない肌作りを目指していきましょう。
運営者情報 |  サイトマップ

ニキビが出来たらニキビ薬?その考え方は危険です。にきびの治療薬は根本原因を取り除くわけじゃないので良くなってもすぐまた次のニキビはできますので根本原因を取り除かないと無意味とも言えます。それではどうすれば良いのか?

Copyright © 2010-2014 ニキビケア化粧品ランキング@おすすめアクネケア|ニキビケアAtoZ All Rights Reserved.
※当サイト内での評価については個人の感想であり、全ての方に必ずしも当てはまるものではありませんのでご了承願います。
当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。