ニキビケアTOPニキビ跡 > ニキビ跡による色素沈着、2ヶ月で改善しないようだと・・・

ニキビ跡のタイプ〜色素沈着とは〜

真夏の紫外線の照射により、肌にメラニンが沈着することを「色素沈着」と呼んでいます。一般的にシミやそばかすなどに活用される言葉ですが、実はニキビ跡に対しても使われます。ニキビが発生した場所は、ニキビ跡になって黒ずむことがあります。

こうした状態を色素沈着と呼んでおり、見た目にも悪くなり、美容におけるデメリットも大きくなります。肌の水分と油分のバランスが悪化すると、ニキビが発生して色素沈着へと至るのです。ここで肌が正常ならば、ニキビは肌の周期に合わせて改善していきますが、スキンケアをさぼったり、ニキビの膿をつぶしたりすると、改善のタイミングを逃すことになります。

もともと肌の状態が悪化しているときにニキビは発生しやすいため、いちど発生すると簡単には改善しないのです。ニキビが発生すると、肌がますます敏感になり、さらにダメージを受けやすくなるという悪循環となります。ニキビ跡が残って色素沈着が生じた場合、メラニンが薄くなるまで1〜2か月くらいを要するとされます。

もし数か月を経過しても改善の兆しが見えないようなら、相当にニキビが重たい状態だと考えられます。色素沈着が要因のニキビ跡は、肌周期を適切に維持すれば改善するのは比較的早いとされます。

適切なスキンケアを行い、数か月を目途にしてニキビ跡の改善を図りましょう。

そして、どうしても改善しないときは、皮膚科やエステサロンなどを訪れて施術を受ける前にニキビ痕専用の導入型柔軟化粧水を使うと良いです。

運営者情報 |  サイトマップ

Copyright © 2010-2014 ニキビケア化粧品ランキング@おすすめアクネケア|ニキビケアAtoZ All Rights Reserved.
※当サイト内での評価については個人の感想であり、全ての方に必ずしも当てはまるものではありませんのでご了承願います。
当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。