ニキビケアTOPニキビ跡 > ニキビ跡を皮膚科で治療するときに使われるトレチノイン酸

ニキビ跡をトレチノイン酸で治す

「トレチノイン酸」を使用してニキビ跡を治す治療法もあります。

アメリカやヨーロッパでポピュラーな方法で、日本では皮膚科で行っています。

ただ、日本ではポピュラーではなく、なかなか治療を行っている皮膚科を発見することはできないようです。全国的にあまり知られておらず、一般的な治療法とは言えないかもしれません。

ニキビ跡を治すトレチノイン酸治療は、医薬品を用いて改善を図ります。患部に外用薬を塗ることで改善させる方法と、内服薬によって治療する方法があります。

主に活用されているのは外用薬を使った方法で、ニキビ跡を改善させるために、角質を除去して皮膚の回復能力を強化します。

トレチノイン酸による治療は、薬剤の濃度をコントロールして行います。もともと皮膚のダメージとなる治療なので、ニキビ跡が改善するまでは自主的ケアも行うべきです。

特に徹底するべきは紫外線予防です。紫外線は肌を乾燥させるため、薬剤の悪影響も加わることで肌あれを促進することがあります。

そして、皮膚が剥がれたり、赤くなったりする状態にも気をつけましょう。皮膚が弱くなっている状態で濃度の強いトレチノイン酸を使用すると、痛みを伴うことがあります。痛みがひどい場合は、医師に話してみて解決策を仰ぐようにしましょう。

なお、トレチノイン酸を活用したニキビ跡の治療は、妊娠している人の場合は行えません。そのため、皮膚科で診断を受けるときに、自身の体調も含めて伝えておくようにしましょう。

運営者情報 |  サイトマップ

Copyright © 2010-2014 ニキビケア化粧品ランキング@おすすめアクネケア|ニキビケアAtoZ All Rights Reserved.
※当サイト内での評価については個人の感想であり、全ての方に必ずしも当てはまるものではありませんのでご了承願います。
当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。